only 3days diary

あのー、ボクいつ寝たらいいですか?

蒼空熊澤ジャック

20130519_SBSH_0001.jpg 20130519_SBSH_0011.jpg
今日は伏見の「蒼空」のイベントが「酒商 熊澤」であったので訪問。
藤岡酒造の藤岡社長がマスターとなってお酒をついだり話をしてくれるという企画。

20130519_SBSH_0003.jpg
今日のお酒のラインナップ。

20130519_SBSH_0002.jpg 20130519_SBSH_0004.jpg
チャージ1000円に含まれているのは付き出しと純米吟醸1杯と、あと酒造りを始めた最初の年に造った純米大吟醸の古酒。

20130519_SBSH_0006.jpg
アテをちょこちょこと注文して。

20130519_SBSH_0014.jpg 20130519_SBSH_0008.jpg
今日、

20130519_SBSH_0009.jpg 20130519_SBSH_0010.jpg
呑んだ、

20130519_SBSH_0012.jpg 20130519_SBSH_0013.jpg
「蒼空」~~~♪
最後に呑んだ「特別純米 雄町」なんか今年初めて造ったというレア物やったねぇ。

店長の愛子さんが気を利かせて、藤岡社長の立ち位置を誘導したので、客全員が蔵元の話を聞くことができたのが良かったなぁ。結構いろいろな面白い話が聞けた。以下、その話の要約。

・昔の創業時は1200石で、ピーク時は8000石。
・先代の急死をきっかけに平成7年に蔵を廃業し、建物も取り壊した。
・現在は小さな新しい蔵でタンク4本でアルバイト3人で酒を仕込んでいる。
・28石からスタートして今季は170石。
・酒造りを始める前は仙台の「日高見」で3年ほど修行していた。
・修行時はなかなか重要なポジションを任せてもらえなかったので、いざ自分で造る段になって苦労した。
・「日高見」の縁で県外不出の宮城酵母を特別に分けてもらい、使っている。
・山形県の「十四代」の高木さんは大学の先輩。
・その縁で兵庫県産の愛山をお願いして分けてもらった。
・柔らかい品種の米は溶けやすくコントロールが難しいので苦手。硬い米が好き。
・地元・京都の料亭に自分のお酒を置いてもらうのが夢。
・京料理は繊細な出汁が特徴なので、料理の邪魔をしない食中酒を目指して造っている。
・東北大震災&福島原発事故の影響で、東北の蔵元は西日本の米を入手しようと殺到している。
・そのおかげで酒米の入手に苦労している。特に山田錦は入手が困難。
・山田錦が手に入らないので代わりに長野県産の美山錦を試してみたら、蔵の水などと相性がとても良かった。以来、美山錦を多用している。
・精米を岡山の会社に変えた時、その会社の縁で赤磐雄町を入手することができた。

※一部聞き違いがあるかも知れません。ご容赦を。


「酒商 熊澤」
住所:神戸市中央区北長狭通4丁目4-15 1F
電話:078-333-0087
営業時間:15:00~23:00(ラストオーダー22:30)
定休日:日曜日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jyok.blog4.fc2.com/tb.php/2502-7836da0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

じょー@神戸

  • Author:じょー@神戸


  • 讃岐うどん&ラーメン好きのじょー@神戸のblogです。日記代わりに食べた麺類の記録などを書いていこうと思います。


FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する